グローバルに活躍する漢方薬剤師!|LiftTheEarth

漢方薬剤師の適性

漢方薬剤師の適性

薬剤師は日本では専門家していないので、薬剤師の国家試験を通ればほとんどの薬を扱う職業に就くことができます。
現在の薬科系大学は6年のカリキュラムを設けており、これまでの4年間のカリキュラムに比べて臨床系のカリキュラムが増えたと言われています。 薬剤師として働く職場は多岐にわたりますが、漢方医局、漢方薬局での就職を希望する方が増えています。漢方薬局などの求人は増えていますが、市販の漢方であれば薬剤師の資格は必要なく、 薬の登録販売士を取得すれば問題ありません。

薬剤師が必要とされる求人の多くは市販の漢方以外の処方も含めた広い知識と適正を必要とする求人が多いようです。漢方薬局などでの適正として必要とされるのは、 薬剤の処方以外に患者とのコミュニケーション能力です。漢方薬局では医師が居ることは少なく、漢方に詳しい人間が患者とのコミュニケーションの中で漢方を処方することが一般的です。 薬剤師の中には処方だけで仕事がしたいと考える方もいらっしゃるようですが、漢方薬局に必要な適正は処方能力とコミュニケーション能力です。コミュニケーションはとても重要で、 患者の状態をきちんと把握するためにさまざまな質問をし、適切な漢方を選ばなくてはなりません。また、一度だけでのコミュニケーションにはならず、定期的に患者の状態を把握、 処方を変更することが求められます。

漢方薬局以外に医局や病院で勤務ももちろんあります。薬局との違いは医師からの処方依頼によって行う点です。 ただし、医師の中にも知識の差はあるので適切な処方に向けて情報共有を行う必要があり、また、最新知識、臨床データなどを集める事も重要です。歴史の長い分野ですので、 豊富な臨床データと共に知識もまとまっている分野ですが、それでも最新医療での利用例などは日々更新、追加されているので学会などからの情報収集はとても大事です。

医師の中には専門で治療を行う方も多くなってきています。このような医師が居る病院での求人の場合は最初からある程度の知識を求められ、中途半端な知識だったり、 学ぶ姿勢が少ない場合は就職が厳しい場合が多いようです。また、専門薬局の場合は1名勤務となることが多いのでどの患者さんでも対応できる幅広い知識と経験が要求されますので、 求人が多くてもなかなか就職が決まらない場合も多いようです。歴史の古い薬剤ですが、日々進化している分野ですので知識の更新はとても大事となります

余談ですが、飛行機へ漢方薬を持ち込めるかご存知でしょうか。答えは「液体でなければ、機内への持ち込み制限はない」です。 詳しくは成田空港のQ&Aのページにありますが、こういったちょっとしたことにも 目や耳を傾ける姿勢が必要だと思います。

ホームへ