グローバルに活躍する漢方薬剤師!|LiftTheEarth

漢方薬剤師の就職率・離職率

漢方薬剤師の就職率・離職率

薬剤師の中でも専門性を磨くことができる分野として知られる漢方薬局は、薬剤師としてのスキルアップが期待できることから転職サイトでも人気が高まっています。 しかし、漢方薬局は店舗数が少ないうえに少数精鋭の所が多いため、求人は非常に少ない傾向にあります。近年漢方が注目されたことにより、店舗数は少しずつ増加してはいるものの、 一般的な薬剤師と比較すると需要は格段に少なく、なかなか就職先が見つからず、就職率の低い狭き門というのが現状です。

漢方薬局で働くためには、薬剤師の資格を持っていれば原則可能とされています。しかし、漢方薬、生薬認定薬剤師資格を持っていた方が、より専門の幅が広がりますし、 漢方薬を扱うより専門的な知識を持っているということについて評価されるため、就職の際に有利に働くケースもあります。この資格は、薬剤師資格を所持する人を対象に決められた研修を受け、 その後試験に合格すると取得できるものです。また取得後も、3年ごとに更新が必要であり、その都度また研修を受けなければなりません。

漢方薬剤師の最大のメリットは、安定して働けることです。一般の薬剤師と比較すると、漢方薬剤師の仕事は夜勤もなく、1日に大勢の患者に薬を処方することもないため、負担が少ないです。 また、調剤薬局のように処方箋に従って薬を出すのではなく、来店された患者一人一人と深く接しながら、それぞれの患者の症状に合った漢方を自ら考えて処方することができるのも、 責任感は重大ですが大きなやりがいになります。こうした仕事の負担の少なさや、大きなやりがいがあることから、漢方薬剤師は一人あたりの勤続年数がとても長く、離職率が非常に低いという特徴を持っています。

離職率が低いということは、要するに辞める人が少ないということでもあり、新しい店舗が増えない限り、求人は滅多に出されないということになります。離職率が低いことは決して悪いことではありませんが、 ただでさえ求人が少ない漢方薬局での就職を目指している人にとっては、なかなか厳しい状況だと言えるでしょう。医療業界は非公開求人も多いため、その中に漢方薬局の求人案件が含まれている可能性も考えられます。 また、探すタイミングや状況によって求人数にも変化があるため、まずはこの業界に特化した求人が豊富で、就職率も高い実績を誇る大手の転職サイトや薬剤師の就職率のよい人材紹介会社などに登録し、 長期的に求人が出るのを待つのもよいでしょう。オススメなサイトに薬剤師の求人失敗しない就職・転職のコツというサイトがあります。 このサイトはコラムなども充実していて、薬剤師を取り巻く様々な話題をコラムにしているのでおもしろいです。様々な情報が日々更新されているので、転職目的以外であっても、覗いてみると新たな発見があるかもしれません。

ホームへ