グローバルに活躍する漢方薬剤師!|LiftTheEarth

漢方薬剤師の履歴書の書き方

履歴書の書き方

薬剤師は薬学系の大学で6年間学び、さらに国家試験を受けて合格して初めてなれる職業です。病院や薬局、ドラッグストア、そして製薬会社などでの求人があり、 その求人は高齢化社会に向けてさらに増えていくことでしょう。薬剤師の中でも漢方薬剤師という仕事もあります。 薬局やドラッグストアでも漢方薬が販売されていますし、病院によっては漢方薬を処方するところもあります。そのような職場では西洋医学の薬品とはまた違う、漢方薬の専門知識を持った人が必要になるのです。

漢方薬剤師になるためには、漢方薬・生薬認定薬剤師の資格が必要になります。大学で漢方の勉強をしていた段階からその方面に行きたいという人も、薬剤師の仕事をしていく中で志望する人もいるでしょう。 いずれにしてもその資格を取得するには日本薬剤師研修センターと日本生薬学会が実施する研修を受け、試験を受けなければなりません。研修というのは9回の講義と薬物植物園での実習です。 そしてその試験に合格すると漢方薬剤師の資格を得ることができるのですが、3年ごとに更新があり、その時も一定の研修を受けることになります。

漢方薬剤師の求人に応募をした場合、面接と履歴書がとても重要になります。履歴書からは希望者の能力、経験、人柄、脂質など様々なことを読み取ることができるのです。 だから履歴書を書く際には、誤字脱字のミスをなくし、丁寧な字で記入することです。また写真もきちんと写真屋さんで採ってもらうことをおススメします。 学歴や職歴を記入する際には正式な名称や、細かいところまで詳しく記入する方がいいでしょう。

転職の場合には前の職場を辞めた理由なども、消極的な書き方でなく前向きな気持ちが認められるような内容で格とよいでしょう。そして志望動機は漢方薬剤師としての仕事への意気込みや、 その会社に応募した理由などを具体的に記入することも大切です。特にその会社のどのようなところが気に入ったのかという点などは具体的に書く方が良いでしょう。

このようにイメージの良い履歴書をみてもらうだけで採用する側は良い印象を受けて採用の確率が高まるものです。履歴書の書き方がよくわからない場合には、専任コンサルタントにお願いすることで、 企業ごとの情報に基づいた効果的な記入の仕方をアドバイスしてもらえます。漢方薬剤師は専門知識を持っているだけでなく、接客やサービスを行う仕事でもあるので、そのような資質があるかどうかも重要視されます。 誠実で丁寧に記入した履歴書とともに、親しみやすく親身に相談にのってもらえるような人である印象を持ってもらうように面接に臨むことも重要です。

ホームへ