グローバルに活躍する漢方薬剤師!|LiftTheEarth

漢方薬剤師の面接対策

漢方薬剤師の面接対策

薬剤師として働き出す中で漢方に興味を持つようになり、今度は漢方薬剤師の求人に応募したいと考えて面接に挑まれる方も多いと思います。 求人応募の前には、薬剤師として今まで何をしてきて何が求人先で活かせるのかを明確にしておいたほうがいいです。中でも、なぜ漢方に興味を持ったのかをアピールできるといいです。

漢方は一人ひとりの症状によってその人の体質に合う薬を提供していくので、常に勉強をしていこうとする姿勢のある人が求められますので常日頃から興味を持って勉強していることをアピールしたり、 西洋医学とは違った考え方があることを伝えるといいです。漢方は、同じ病気でも症状が改善したら別の漢方を使用するなど細かい配慮が必要なものなので、 その分薬剤師としては勉強が必要ですがやりがいも同時にあるということを伝えることができるといいはずです。

今の自分に満足しているわけではなく、今後も勉強していく姿勢があること、それが患者様の症状の改善にもつながることをうまくアピールできるとやる気がある人と思われて採用が近づくはずです。 西洋医学には西洋医学のいい点がありますので、あからさまに批判をするのは止めたほうがいいです。また、どんなに知識が豊富で薬剤師としてのキャリアがあったとしても、新しい職場では新人ですので、 自分から判らないことは聞いたりなれていこうとしたりする姿勢があることをアピールすると一緒に働いても問題ないと思われて採用が近づくはずです。

薬剤師は、職場の仲間だけではなく、患者様ともコミュニケーションが必要です。薬剤師は症状を持っている患者様に対して、薬の飲み方やどういう薬かといった情報を直接伝えることができるので、 きちんとした理解をもっていただければ安全に正しく薬を使っていただけますし、反対に自分が持っている情報が明確でないと間違った情報を伝えることにもならないし、 患者様によっては不安になって薬の使用をやめてしまうことにもなりかねません。どんな状況にも明るく元気に対応できる能力があることを伝えられるといいです。

面接担当者が一緒に働きたい人ということを考えたときに、ただ、高い技術や深い知識があるというだけでなく、どんな人柄を持っているかということも採用のポイントになりますので、 面接対策として日ごろどれくらいの人数の患者様と接してきたのかや、何かあったときにはどう対処したのか経験談があればまとめておくといいです。

ホームへ