グローバルに活躍する漢方薬剤師!|LiftTheEarth

PRしておきたい志望動機

PRしておきたい志望動機

漢方薬剤師は資格となっていないので薬剤師であれば知識や経験を問わず誰でもなることができます。薬剤師は指定大学で6年のカリキュラムを受けますが、 以前の4年制と比べて2年の臨床カリキュラムが増えて患者とのコミュニケーションの取り方、処方の具体例を学ぶことができるようになっています。 大学の中には漢方を学ぶことができるカリキュラムが設定されていることも増えてきていますが、まだまだ自分で学ぶ分野が多いと考えられています。漢方と言えば古くからあり、 知識と臨床データが豊富と言われていますが、体系的に学ぶことは少なく、独学、もしくは弟子入りして学ぶということが一般的です。

漢方薬剤師としての求人の多くは経験者を求めており、これから漢方を学ぶ薬剤師は不利になることが多いようです。求人の多くが経験者を求めていることもあり、 書類選考や面接時の志望動機は主に漢方との関わり方や薬剤師として漢方をどのように処方してきたかなどの経験を踏まえた志望動機が求められるようです。 求人は漢方薬局からの募集が増えていることから、漢方の処方経験と患者とのコミュニケーションが好きなことも志望動機として有利になります。

漢方薬局の場合は医師が居ないことも多く、薬剤師が1人で患者とのカウンセリングを通じての状態把握、症状毎の適切な処方が求められます。カウンセリングについては経験が無いという方も多いと思います。 現在の大学のカリキュラムの多くは医師からの処方依頼を元に適切な処方の仕方が主となっている、もしくは、患者とのカウンセリング無しの症状だけを見ての処方が一般的です。 そのため、患者とのカウンセリングから症状を発見することは難しいと考えられます。

求人の多くは薬剤師としての処方能力だけではなく、患者の病状、症状を的確に判断する能力も必要とされます。医師の分野ではないかと考える方もいるようですが、漢方の処方において、 患者の症状を把握することは基本中の基本であり、無数にあると言われている材料を組み合わせるにしても同じ症状でも材料の配合を変えて人それぞれに対応する能力が求められます。

さらに漢方薬剤師は一度だけの処方ではなく、定期的なカウンセリングを行ってその都度処方を変えていくことが必要であり、カウンセリング能力や症状の把握する能力はとても重要ですので、 志望動機として患者とのコミュニケーションを大事にしたいということはとても大きなポイントとなります

ホームへ